ゼニカルの成分とは

ハンバーガーを食べる肥満男性

世界中で愛用者がいるゼニカルの成分とは、何が入っているものなのでしょう。
まずゼニカルの有効成分は、オルリスタットになります。
食べれば太るという常識を覆して食事をしても太らないという、夢のような医薬品としても、世界中から注目をあつめたのです。

ゼニカルのメイン成分はオルリスタットであり、これはアメリカのFDAにも、正式に認可されています。
だから服用に関しての安全性としても、とても高いものであると言えます。
食事から体に入ってくる油の成分は、胃の中に入ったらトリグリセリドへと分解がされていきます。
この状態は小腸壁を通り抜けるには、分子のサイズが大きすぎます。
リパーゼは肝臓でできますが、それがトリグリセリドをグリセロールへと分解してくれます。
脂肪酸へ分解することができるために、体の中への吸収を高めることになります。

リパーゼの作用を阻害できるのが、オルリスタットの働きです。
トリグリセリドが分解されるのを予防することができますので、体の中への脂肪吸収を防ぎます。
そして体内吸収を阻止して、体外に排出するように働きかけることになります。
ゼニカルにはメイン成分として、オルリスタットが配合されています。
他にもゼニカルには成分が入っていて、ソディアム・ローリル・サルフェートやソディアム・スターキ・グリコレート、それにマイクロクリスタルライン・セルロースやタルク、プロビドーンなども含有しています。
人が太ってしまうのは、過剰なカロリー摂取のオーバーによるものです。
こうしたゼニカルの仕組みや成分を理解することで、合理的なダイエットピルによる体型管理を実現することが可能となるのです。
むりに油料理をやせ我慢はしなくても、ゼニカルがあれば問題はないでしょう。

また、ゼニカルの主成分であるオルリスタットを含むビーファットという医薬品も存在します。
ビーファットはゼニカルのジェネリック医薬品です。
なので、脂肪分を多く摂りすぎているならビーファットで改善することができます。
ジェネリック医薬品なので安く手に入れることができます。
参考までに覚えておくと良いでしょう。

アーカイブ
人気記事一覧
  • 1
    ハンバーガーを食べる肥満男性
    ゼニカルの成分とは 2019年02月26日 5 Views
サイト内検索
最近の投稿